【二重まぶた形成|湘南美容外科(SBC)の手術メニュー】

アジアで一番、二重手術件数の多いクリニック

 

湘南美容外科の詳細と問い合わせはコチラ

 

美容整形の中でも二重まぶたの手術は最も手軽で需要の多いものです。

 

湘南美容外科は、この二重まぶた手術中が得意中の得意。

 

日本一はもちろん、アジア一の手術件数を誇っています。

 

新技術開発で支持されるSBC

湘南美容外科がこの分野で強い理由として、新しい手術技術の開発に熱心なことが挙げられます。

 

  • 2DAYクイック法: 二日で腫れが引く。13年前に開発して大ヒット。
  • クイックコスメティーク法: 目をつぶった時にバレにくい。
  • フォーエバー二重術: 二重ラインが取れやすい埋没法の欠点を改善。

 

埋没法と切開法

二重まぶたを作る手術は大きくこの2つがあります。

 

簡単に言うと、埋没法は切らない施術。糸で止めて二重を作ります。

 

一方、切開法は切る施術。

 

まぶたが腫れぼったい人は埋没法では無理なことが多く、切開法になります。

 

しかし、切開法は上手にできるドクターは多くはない。

 

湘南美容外科の総括院長・相川ドクターは、著書の中でも「切開術を任せるドクターはよく見極めてほしい」と訴えています。

 

目元の整形いろいろ

目元は微妙な改善をするだけで大きく印象が変わります。

 

必ずしも整形と気づかれずに美人度を大きく上げられる、大切なパーツなのです。

 

その施術は二重瞼だけでなく、目元形成、眼瞼下垂改善、目の下のたるみ取りなど、いろいろあります。

 

湘南美容外科はすべて得意としているので、気軽に相談してほしいとのことです。

 

安心の体制

湘南美容外科は、患者さんに誠実に応対し、安心できる体制を作ることに力を入れています。

 

創業者の相川ドクターは、修業時代にそういう面がいいかげんなクリニックが多いのを見て失望し、自分で理想のクリニックを作ることを決意したと著書に書いておられます。

 

インフォームドコンセント

例えば、インフォームドコンセントに力を入れています。

 

これはリスクなど悪いことも含めて、事前に正直に説明し、納得してもらってから手術をするということです。

 

術前シミュレーション

あるいは、重瞼棒というものを用いて、二重まぶた手術を完了した状態をシミュレーションしてくれます。

 

実際の状態を確認してから手術に進めるわけですから、患者としてはありがたいですね。

 

術後メールフォロー

あと、手術後に担当医によるメールフォローに力を入れているのも特色です。

 

多くのクリニックでは、手術が終わってしまうと、担当医に連絡が取りにくくなります。

 

クレームを聞くのを避けるためにそんな不誠実なことをするのがまかり通っているのです。

 

残念だし、怖いですね。

 

湘南美容外科は、逆にコンタクトを密にしてくるので、他院と圧倒的に差をつけてしまうわけです。

 

技術はもちろん、こうした姿勢の面でも、二重まぶたの手術なら湘南、ということになっていくと思います。

 

湘南美容外科の詳細と問い合わせはコチラ