【豊胸術|湘南美容外科(SBC)の手術メニュー】

安全に美しくバストアップ!

 

湘南美容外科の詳細と問い合わせはコチラ

 

湘南美容外科では、3系統の豊胸術を提供しています。

 

  1. 脂肪注入
  2. バッグ挿入
  3. ヒアルロン酸注入

 

脂肪注入豊胸術

自分自身の脂肪を吸引し、それを胸に注入する方法です。

 

吸引部位は部分痩せできるので、一石二鳥の技。

 

たとえば、ウエストや太ももをシェイプアップして、そこから取った脂肪で胸を膨らませるわけです。

 

自分自身の細胞なので、注入しても異物反応の心配がありません。

 

現在、バッグを挿入していて具合の悪い人は、バッグを抜いて脂肪注入でやり直すことも可能です。

 

湘南美容外科湘南美容外科の脂肪注入豊胸術には、1day美バスト、ピュアグラフト脂肪注入、コンデンスリッチ脂肪注入という3つの方法があります。

 

後のものほど高額ですが、一度にできるサイズアップ幅が大きくなります。

 

バッグ挿入豊胸術

バッグ挿入のメリットは、大幅なバストアップが稼げることです。

 

バッグにはさまざまなタイプがあります。

 

例えば、形状にはラウンド型とアナトミカル型があり、それぞれ異なるメリット・デメリットを持ちます。

 

挿入部位も、皮下に入れる場合と大胸筋の下に入れる場合があり、患者の状況に応じて適切なものを選ばなくてはいけません。

 

SBC総院長・相川ドクターは著書「ビューティバージンロードの歩き方」の中で、そのあたりについて詳しい注意を書いてくれています。

 

それに象徴されるように、湘南美容外科はさまざまな方法に精通していて、ベストな提案をしてくれると期待していいでしょう。

 

最新の技術もよく研究して取り入れています。

 

例えば、ワキ下からのバッグ挿入を安全かつスムースに行えるケラー・ファンネルという器具の導入なども行っています。

 

また、ハイブリッドといって、バッグ挿入と脂肪注入を併用する方法も使用しています。

 

バッグでサイズを稼ぎながら、脂肪注入でバッグ周辺の形状の不自然さを隠すのです。

 

さて、バッグ挿入を行うと、一定の確率で「カプセル拘縮」という合併症が起きます。

 

バッグ挿入をお願いするドクターはこれを熟知していて、万全の対策を打ってくれる人でないといけません。

 

湘南美容外科はそのあたりも配慮が行き届いています。

 

ヒアルロン酸注入豊胸術

胸部にヒアルロン酸を注入して胸を膨らませる方法です。

 

わずか20分くらいで終わり、直後からふっくらバストになり、生活にも変化がありません。

 

持続期間が1〜2年くらいしかなく、ヒアルロン酸が徐々に体に吸収されて、元のサイズに戻ってしまうのが欠点です。

 

しかし、そこは考え方次第です。

 

取り返しのつかない手術をしてしまうより、安全な方法を取って、定期メンテナンス的に手術を繰り返していくことも考えられます。

 

また、まずはローリスクで手軽な方法で巨乳状態を体験し、気に入ったら持続性のある手術も検討する、という考え方もありえます。

 

 

 

ともかく、自分の現状をドクターに見てもらい、どうなりたいのかを話してみましょう。

 

湘南美容外科はとても顧客満足志向が強いクリニックなので、多くの選択肢から最良のチョイスをして提案してくれるでしょう。

 

湘南美容外科の詳細と問い合わせはコチラ